記事に戻る

旗手怜央の「よろしくない言葉」に家本政明がとった行動とは? 変化したレフェリングの質「一緒にいいゲームをしましょうよ」

2002年から積み重ねてきた審判としてキャリア。さまざまな経験を積んだことで、レフェリングにも変化があらわれたという / photograph by J.LEAGUE 2010年、試合後にイングランド代表FWウェイン・ルーニーと握手をかわす家本 ©︎AFLO FC東京DF長友佑都と笑顔で言葉をかわす家本。試合前のコミュニケーションも欠かさない ©︎J.LEAGUE 横浜F・マリノス、川崎フロンターレの選手たち、そして家族と共に撮影した記念写真  ©︎J.LEAGUE 試合後、両チームの選手たちが花道を作ってその功績を称えた ©︎J.LEAGUE 2008年、ゼロックススーパーカップで鹿島DF岩政大樹に退場を命じる家本主審 ©︎KYODO ゼロックススーパーカップから5日後、会見に出席した家本 ©︎KYODO ラストマッチに臨む家本主審 ©︎J.LEAGUE 審判人生を振り返り、家族のサポートに感謝した ©︎J.LEAGUE 横断幕を掲げてくれたサポーターへ挨拶に向かう家本 ©︎J.LEAGUE Jリーグ歴代最多となる516試合の笛を吹いた家本。記念ユニフォームを贈呈され、撮影に笑顔で応じた ©︎J.LEAGUE

2010年、試合後にイングランド代表FWウェイン・ルーニーと握手をかわす家本 ©︎AFLO

2002年から積み重ねてきた審判としてキャリア。さまざまな経験を積んだことで、レフェリングにも変化があらわれたという / photograph by J.LEAGUE 2010年、試合後にイングランド代表FWウェイン・ルーニーと握手をかわす家本 ©︎AFLO FC東京DF長友佑都と笑顔で言葉をかわす家本。試合前のコミュニケーションも欠かさない ©︎J.LEAGUE 横浜F・マリノス、川崎フロンターレの選手たち、そして家族と共に撮影した記念写真  ©︎J.LEAGUE 試合後、両チームの選手たちが花道を作ってその功績を称えた ©︎J.LEAGUE 2008年、ゼロックススーパーカップで鹿島DF岩政大樹に退場を命じる家本主審 ©︎KYODO ゼロックススーパーカップから5日後、会見に出席した家本 ©︎KYODO ラストマッチに臨む家本主審 ©︎J.LEAGUE 審判人生を振り返り、家族のサポートに感謝した ©︎J.LEAGUE 横断幕を掲げてくれたサポーターへ挨拶に向かう家本 ©︎J.LEAGUE Jリーグ歴代最多となる516試合の笛を吹いた家本。記念ユニフォームを贈呈され、撮影に笑顔で応じた ©︎J.LEAGUE

ページトップ