記事に戻る

「自分がいらんことをした」エスパルス主将・権田修一が明かす、残留争いのなか当たってしまった“嫌な予感”

12月4日、最終節でセレッソ大阪に逆転勝ちでJ1残留を決めた清水エスパルス。キャプテンの権田がサポーターへの挨拶の場に立った / photograph by J.LEAGUE 当日のエスパルスサポーター ©︎J.LEAGUE 先制点を挙げて喜ぶセレッソ大久保ら ©︎J.LEAGUE FC東京戦での権田 ©︎J.LEAGUE 中山はマルチロールであるとともに左SBとして頼れる存在になってきた ©JFA 2018年10月のウルグアイ戦 ©Takuya Sugiyama 2021年10月のオーストラリア戦 ©Kiichi Matsumoto/JMPA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA

12月4日、最終節でセレッソ大阪に逆転勝ちでJ1残留を決めた清水エスパルス。キャプテンの権田がサポーターへの挨拶の場に立った(photograph by J.LEAGUE)

12月4日、最終節でセレッソ大阪に逆転勝ちでJ1残留を決めた清水エスパルス。キャプテンの権田がサポーターへの挨拶の場に立った / photograph by J.LEAGUE 当日のエスパルスサポーター ©︎J.LEAGUE 先制点を挙げて喜ぶセレッソ大久保ら ©︎J.LEAGUE FC東京戦での権田 ©︎J.LEAGUE 中山はマルチロールであるとともに左SBとして頼れる存在になってきた ©JFA 2018年10月のウルグアイ戦 ©Takuya Sugiyama 2021年10月のオーストラリア戦 ©Kiichi Matsumoto/JMPA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA ©JFA

ページトップ