記事に戻る

佐藤寿人が“減俸提示”で考えた自分の仕事「フォワード=ストライカー、じゃない」《今、最も気になる選手は?》

キャリアの中で挫折の1つだと語ったのは2011年シーズン。自らが求められる仕事を整理できたことで、そこから再びゴールを量産する日々が始まった / photograph by Kiichi Matsumoto 2011年J1第23節・浦和vs広島、ゴールを決めた李忠成を喜ぶ佐藤寿人 ©︎Etsuo Hara/Getty Images ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto 現在は、解説業だけでなく後進の指導にも積極的に関わっている佐藤寿人。J通算220ゴールを挙げた男の道のりには、次世代につながるヒントが多く残されている ©︎Kiichi Matsumoto 下部組織からトップチームに昇格。J初ゴールはプロ2年目に記録している ©︎AFLO SPORT 佐藤に大きな影響を与えた加藤好男。JFAのインストラクターを歴任し、2010年W杯ではGKコーチとしてベスト16入りに貢献した ©︎Ryuichi Kawakubo/AFLO SPORT ©︎Koji Asakura 日本代表で最も印象に残っていると語るのが2006年エクアドル戦のゴール。三都主アレサンドロのクロスボールにピンポイントで合わせた ©︎Jinten Sawada/AFLO アシストした三都主アレサンドロと喜ぶ佐藤寿人 ©︎Jinten Sawada/AFLO プロ5年目にベガルタ仙台(当時J2)でリーグ20得点を挙げてブレイク。翌2005年にサンフレッチェ広島へ移籍した ©️Getty Images ©︎Kiichi Matsumoto キャリアの中で挫折の1つだと語ったのは2011年シーズン。自らが求められる仕事を整理できたことで、そこから再びゴールを量産する日々が始まった ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Takeo Momozono 青々とした芝生の上で楽しそうにボールを追いかける佐藤寿人(2009年撮影)©Mami Yamada ©︎Mami Yamada ©︎Mami Yamada ©︎Mami Yamada ©︎Mami Yamada ©︎Mami Yamada 2009年 ©︎Toshiya Kondo 2009年 ©︎Toshiya Kondo ©︎Shigeki Yamamoto ©︎Shigeki Yamamoto ©︎Shigeki Yamamoto ©︎Shigeki Yamamoto ©︎Takuya Sugiyama ©︎Toshiya Kondo ©︎Shigeki Yamamoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto 2015年、中山雅史が記録したJ1通算最多得点記録「157」に並んだ佐藤寿人 ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Toshiya Kondo ©︎Toshiya Kondo ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto 2016年 ©︎Kiichi Matsumoto 2006年 ©︎Takuya Sugiyama ©︎Naoya Sanuki ©︎Takuya Sugiyama ©︎Naoya Sanuki ©︎Hideki Sugiyama ©︎Takuya Sugiyama ©︎Takuya Sugiyama ©︎Takuya Sugiyama ©︎Takuya Sugiyama ©︎Tamon Matzuzono ©︎Naoya Sanuki ©︎Naoya Sanuki ©︎Tamon Matsuzono ©︎Takeo Momozono ©︎Toshiya Kondo ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto

キャリアの中で挫折の1つだと語ったのは2011年シーズン。自らが求められる仕事を整理できたことで、そこから再びゴールを量産する日々が始まった(photograph by Kiichi Matsumoto)

キャリアの中で挫折の1つだと語ったのは2011年シーズン。自らが求められる仕事を整理できたことで、そこから再びゴールを量産する日々が始まった / photograph by Kiichi Matsumoto 2011年J1第23節・浦和vs広島、ゴールを決めた李忠成を喜ぶ佐藤寿人 ©︎Etsuo Hara/Getty Images ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto 現在は、解説業だけでなく後進の指導にも積極的に関わっている佐藤寿人。J通算220ゴールを挙げた男の道のりには、次世代につながるヒントが多く残されている ©︎Kiichi Matsumoto 下部組織からトップチームに昇格。J初ゴールはプロ2年目に記録している ©︎AFLO SPORT 佐藤に大きな影響を与えた加藤好男。JFAのインストラクターを歴任し、2010年W杯ではGKコーチとしてベスト16入りに貢献した ©︎Ryuichi Kawakubo/AFLO SPORT ©︎Koji Asakura 日本代表で最も印象に残っていると語るのが2006年エクアドル戦のゴール。三都主アレサンドロのクロスボールにピンポイントで合わせた ©︎Jinten Sawada/AFLO アシストした三都主アレサンドロと喜ぶ佐藤寿人 ©︎Jinten Sawada/AFLO プロ5年目にベガルタ仙台(当時J2)でリーグ20得点を挙げてブレイク。翌2005年にサンフレッチェ広島へ移籍した ©️Getty Images ©︎Kiichi Matsumoto キャリアの中で挫折の1つだと語ったのは2011年シーズン。自らが求められる仕事を整理できたことで、そこから再びゴールを量産する日々が始まった ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Takeo Momozono 青々とした芝生の上で楽しそうにボールを追いかける佐藤寿人(2009年撮影)©Mami Yamada ©︎Mami Yamada ©︎Mami Yamada ©︎Mami Yamada ©︎Mami Yamada ©︎Mami Yamada 2009年 ©︎Toshiya Kondo 2009年 ©︎Toshiya Kondo ©︎Shigeki Yamamoto ©︎Shigeki Yamamoto ©︎Shigeki Yamamoto ©︎Shigeki Yamamoto ©︎Takuya Sugiyama ©︎Toshiya Kondo ©︎Shigeki Yamamoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto 2015年、中山雅史が記録したJ1通算最多得点記録「157」に並んだ佐藤寿人 ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Toshiya Kondo ©︎Toshiya Kondo ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto 2016年 ©︎Kiichi Matsumoto 2006年 ©︎Takuya Sugiyama ©︎Naoya Sanuki ©︎Takuya Sugiyama ©︎Naoya Sanuki ©︎Hideki Sugiyama ©︎Takuya Sugiyama ©︎Takuya Sugiyama ©︎Takuya Sugiyama ©︎Takuya Sugiyama ©︎Tamon Matzuzono ©︎Naoya Sanuki ©︎Naoya Sanuki ©︎Tamon Matsuzono ©︎Takeo Momozono ©︎Toshiya Kondo ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto

ページトップ