記事に戻る

「W杯が夢から目標になりました」「今季は20ゴール以上」古橋亨梧の成長に水沼貴史も驚いたワケ《たった4年でJ2→J1→欧州》

大卒→J2から始まったキャリアだったが、わずか4年で「W杯」を目標と言える位置まで階段を登ってきた / photograph by Getty Images 水沼氏の言葉に照れ笑いを浮かべる古橋(写真提供/SPORTS&LIFE) 現地サポーターに撮影を求められ、快く対応する古橋 ©︎Getty Images ©︎Takuya Kaneko/JMPA 写真提供/SPORTS&LIFE ホーム初戦でハットトリックを挙げ、チームの守護神である元イングランド代表GKジョー・ハートから言葉をかけられた ©︎Getty Images リーグ復帰戦となった10月3日アバディーン戦では、クロスボールに胸で合わせて先制点をマークした古橋亨梧 ©︎Getty Images 練習前の朝に取材に応じてくれた古橋。表情からも充実ぶりが伝わってきた(写真提供/SPORTS&LIFE) 写真提供/SPORTS&LIFE 古橋のゴールに沸く、セルティックサポーター ©︎Getty Images 今季途中まで横浜F・マリノスを指揮したポステコグルー監督。古橋への信頼を感じさせる起用が続いている ©︎Getty Iamges イニエスタ(右)やビジャといった世界のトップを知る選手と共にプレーしたことが、飛躍のきっかけとなった ©︎Getty Images FC岐阜時代の古橋(2018年)。「どんな時でも『俺が責任取るから』といってくれた言葉が今でも忘れられなくて。一緒にやっている時に結果をもう少し結果を残せたらという後悔は今もあります」と当時の指揮官である大木への感謝を述べた ©︎Getty Images セルティック・パークは「スタジアム中に応援の力がみなぎっている」©︎Getty Images 南野拓実ら日本代表でのプレーは「楽しい」と語った古橋 ©︎Getty Images 古橋にエールを送るサポーター ©︎Takuya Kaneko/JMPA ©︎Takuya Kaneko/JMPA ©︎Takuya Kaneko/JMPA ©︎JFA

大卒→J2から始まったキャリアだったが、わずか4年で「W杯」を目標と言える位置まで階段を登ってきた(photograph by Getty Images)

大卒→J2から始まったキャリアだったが、わずか4年で「W杯」を目標と言える位置まで階段を登ってきた / photograph by Getty Images 水沼氏の言葉に照れ笑いを浮かべる古橋(写真提供/SPORTS&LIFE) 現地サポーターに撮影を求められ、快く対応する古橋 ©︎Getty Images ©︎Takuya Kaneko/JMPA 写真提供/SPORTS&LIFE ホーム初戦でハットトリックを挙げ、チームの守護神である元イングランド代表GKジョー・ハートから言葉をかけられた ©︎Getty Images リーグ復帰戦となった10月3日アバディーン戦では、クロスボールに胸で合わせて先制点をマークした古橋亨梧 ©︎Getty Images 練習前の朝に取材に応じてくれた古橋。表情からも充実ぶりが伝わってきた(写真提供/SPORTS&LIFE) 写真提供/SPORTS&LIFE 古橋のゴールに沸く、セルティックサポーター ©︎Getty Images 今季途中まで横浜F・マリノスを指揮したポステコグルー監督。古橋への信頼を感じさせる起用が続いている ©︎Getty Iamges イニエスタ(右)やビジャといった世界のトップを知る選手と共にプレーしたことが、飛躍のきっかけとなった ©︎Getty Images FC岐阜時代の古橋(2018年)。「どんな時でも『俺が責任取るから』といってくれた言葉が今でも忘れられなくて。一緒にやっている時に結果をもう少し結果を残せたらという後悔は今もあります」と当時の指揮官である大木への感謝を述べた ©︎Getty Images セルティック・パークは「スタジアム中に応援の力がみなぎっている」©︎Getty Images 南野拓実ら日本代表でのプレーは「楽しい」と語った古橋 ©︎Getty Images 古橋にエールを送るサポーター ©︎Takuya Kaneko/JMPA ©︎Takuya Kaneko/JMPA ©︎Takuya Kaneko/JMPA ©︎JFA

ページトップ