記事に戻る

日本柔道史に残る“24分間の死闘” 涙の敗者・丸山城志郎27歳が語った「東京五輪を失って、世界一を獲った半年間」

昨年12月13日の東京オリンピック代表決定戦。阿部一二三(右)に敗れた丸山城志郎 / photograph by AFLO 6月、ハンガリーの首都ブダペストで行われた柔道世界選手権。準々決勝でモンゴルのバスフーに苦戦の末、指導の差で勝った丸山 ©Getty Images 半年前の「24分間の死闘」を振り返る丸山 ©Asami Enomoto あの日敗れたあと、記者会見で涙を見せた ©KYODO 丸山が見直したあの日のワンマッチ。阿部一二三(右)と並んで入場するシーン ©AFLO 6月の世界選手権決勝で世界ランキング1位のマヌエル・ロンバルドを破った ©Getty Images 世界選手権の金メダルを掲げて ©Asami Enomoto

丸山が見直したあの日のワンマッチ。阿部一二三(右)と並んで入場するシーン ©AFLO

昨年12月13日の東京オリンピック代表決定戦。阿部一二三(右)に敗れた丸山城志郎 / photograph by AFLO 6月、ハンガリーの首都ブダペストで行われた柔道世界選手権。準々決勝でモンゴルのバスフーに苦戦の末、指導の差で勝った丸山 ©Getty Images 半年前の「24分間の死闘」を振り返る丸山 ©Asami Enomoto あの日敗れたあと、記者会見で涙を見せた ©KYODO 丸山が見直したあの日のワンマッチ。阿部一二三(右)と並んで入場するシーン ©AFLO 6月の世界選手権決勝で世界ランキング1位のマヌエル・ロンバルドを破った ©Getty Images 世界選手権の金メダルを掲げて ©Asami Enomoto

ページトップ