記事に戻る

“犬猿の仲”の両国間で揺れ、ドイツ代表を選択した18歳ムシアラ… 多重国籍選手の葛藤と決断とは

ドイツとイングランド、それぞれにルーツをもつムシアラだが、先月に入りドイツ代表でのプレーを決断した。今回は17歳が抱えた葛藤にフォーカスし、変容しつつある代表チームについて考える / photograph by Getty Images 早くからその才能を注目されていたムシアラ。育成年代では主にイングランド代表でプレーした ©Getty Images ムシアラにとって、2019年のバイエルン移籍が大きな転機となった ©Getty Images ドイツ代表監督を務めるレーブ。彼もまたムシアラの説得に尽力していたという ©Getty Images ムシアラをトップチームに抜擢したバイエルンのフリック監督 ©Getty Images ムシアラの例のように、代表チームはいま「多様化」が進んでいる ©Getty Images

早くからその才能を注目されていたムシアラ。育成年代では主にイングランド代表でプレーした ©Getty Images

ドイツとイングランド、それぞれにルーツをもつムシアラだが、先月に入りドイツ代表でのプレーを決断した。今回は17歳が抱えた葛藤にフォーカスし、変容しつつある代表チームについて考える / photograph by Getty Images 早くからその才能を注目されていたムシアラ。育成年代では主にイングランド代表でプレーした ©Getty Images ムシアラにとって、2019年のバイエルン移籍が大きな転機となった ©Getty Images ドイツ代表監督を務めるレーブ。彼もまたムシアラの説得に尽力していたという ©Getty Images ムシアラをトップチームに抜擢したバイエルンのフリック監督 ©Getty Images ムシアラの例のように、代表チームはいま「多様化」が進んでいる ©Getty Images

ページトップ