記事に戻る

花粉症にアスリートはどう対応している? スポーツドクター「ドーピングに引っ掛かる物質が多いので…」

花粉症シーズンの到来。国立スポーツ科学センターでも対応をしているという / photograph by Getty Images/Toshiya Kondo 2015シーズン、湘南在籍時の菊池©Getty Images 国立スポーツ科学センター©Toshiya Kondo JISSでは最先端のスポーツ科学が研究されている(2012年撮影)©Toshiya Kondo アスリートとなると、薬の飲み方も気を遣う(写真はイメージです)©Getty Images 2015年3月調べのデータでは、フェンシングに花粉症の人が多かったという©Asami Enomoto 名ゴルファーのジャスティン・ローズも花粉症でツラそう©Getty Images 国立スポーツ科学センターの内観(2012年撮影)©Toshiya Kondo 国立スポーツ科学センターの内観(2012年撮影)©Toshiya Kondo 国立スポーツ科学センターの内観(2012年撮影)©Toshiya Kondo 国立スポーツ科学センターの内観(2012年撮影)©Toshiya Kondo 国立スポーツ科学センターの内観(2012年撮影)©Toshiya Kondo 国立スポーツ科学センターの内観(2012年撮影)©Toshiya Kondo

国立スポーツ科学センター©Toshiya Kondo

花粉症シーズンの到来。国立スポーツ科学センターでも対応をしているという / photograph by Getty Images/Toshiya Kondo 2015シーズン、湘南在籍時の菊池©Getty Images 国立スポーツ科学センター©Toshiya Kondo JISSでは最先端のスポーツ科学が研究されている(2012年撮影)©Toshiya Kondo アスリートとなると、薬の飲み方も気を遣う(写真はイメージです)©Getty Images 2015年3月調べのデータでは、フェンシングに花粉症の人が多かったという©Asami Enomoto 名ゴルファーのジャスティン・ローズも花粉症でツラそう©Getty Images 国立スポーツ科学センターの内観(2012年撮影)©Toshiya Kondo 国立スポーツ科学センターの内観(2012年撮影)©Toshiya Kondo 国立スポーツ科学センターの内観(2012年撮影)©Toshiya Kondo 国立スポーツ科学センターの内観(2012年撮影)©Toshiya Kondo 国立スポーツ科学センターの内観(2012年撮影)©Toshiya Kondo 国立スポーツ科学センターの内観(2012年撮影)©Toshiya Kondo

ページトップ