記事に戻る

新生・浦和の象徴は大卒ルーキーとJ2育ちの新顔トリオ? リカルド新監督も驚く“欧州トレンド戦術”の浸透ぶり

浦和のアカデミー出身の伊藤敦樹、金髪で将棋好きという小泉佳穂、栃木から加入の背番号15明本考浩。3人が“欧州のトレンド戦術”を標榜するリカルド浦和の象徴となるか / photograph by URAWA REDS 浦和の戦術浸透度には、リカルド・ロドリゲス監督自身も驚いているようだ©Naoki Morita/AFLO 森重を出し抜いたプレーは明本の持ち味だったが、全体を通しても効いていた©Naoki Morita/AFLO 金髪じゃなかった頃の小泉©Getty Images 浦和の開幕戦布陣(カッコ内は交代選手) 左からポンテ、阿部勇樹、小野伸二、鈴木啓太 (C)Takashi Shimizu 2016年の阿部©Kiichi Matsumoto 2007年の阿部©Takuya Sugiyama アテネ五輪時の阿部©Takuya Sugiyama/JMPA

浦和の戦術浸透度には、リカルド・ロドリゲス監督自身も驚いているようだ©Naoki Morita/AFLO

浦和のアカデミー出身の伊藤敦樹、金髪で将棋好きという小泉佳穂、栃木から加入の背番号15明本考浩。3人が“欧州のトレンド戦術”を標榜するリカルド浦和の象徴となるか / photograph by URAWA REDS 浦和の戦術浸透度には、リカルド・ロドリゲス監督自身も驚いているようだ©Naoki Morita/AFLO 森重を出し抜いたプレーは明本の持ち味だったが、全体を通しても効いていた©Naoki Morita/AFLO 金髪じゃなかった頃の小泉©Getty Images 浦和の開幕戦布陣(カッコ内は交代選手) 左からポンテ、阿部勇樹、小野伸二、鈴木啓太 (C)Takashi Shimizu 2016年の阿部©Kiichi Matsumoto 2007年の阿部©Takuya Sugiyama アテネ五輪時の阿部©Takuya Sugiyama/JMPA

ページトップ