記事に戻る

箱根駅伝の“プラチナ世代” 五輪内定から人気YouTuberまで「2020年卒業生」が凄い<歴代 “意外な進路” も>

2020年箱根駅伝でデットヒートを繰り広げた相澤晃と伊藤達彦 / photograph by Yuki Sunenaga 陸上日本選手権の男子10000mで日本新記録をマークして優勝した相澤晃(右)と2位の伊藤達彦(左) ©KYODO 吉田祐也 ©Yuki Suenega 怪我を抱えたまま走った7区で区間新記録を叩き出した阿部弘輝 ©Yuki Sunega 東洋大学卒業後は、富士通へ。入社記者会見も行われた ©Nanae Suzuki 箱根駅伝出場の経験を生かして、陸上の面白さを伝えている(YouTubeチャンネル「たむじょーTamujo」より)

陸上日本選手権の男子10000mで日本新記録をマークして優勝した相澤晃(右)と2位の伊藤達彦(左) ©KYODO

2020年箱根駅伝でデットヒートを繰り広げた相澤晃と伊藤達彦 / photograph by Yuki Sunenaga 陸上日本選手権の男子10000mで日本新記録をマークして優勝した相澤晃(右)と2位の伊藤達彦(左) ©KYODO 吉田祐也 ©Yuki Suenega 怪我を抱えたまま走った7区で区間新記録を叩き出した阿部弘輝 ©Yuki Sunega 東洋大学卒業後は、富士通へ。入社記者会見も行われた ©Nanae Suzuki 箱根駅伝出場の経験を生かして、陸上の面白さを伝えている(YouTubeチャンネル「たむじょーTamujo」より)

ページトップ