記事に戻る

《箱根駅伝》四強・明大は、なぜ“シードすら”取れなかったのか?「大学駅伝の戦国化が進む」2つの要因

往路14位と大きく出遅れた明治大学。復路でも追い上げは厳しく、総合11位に終わった / photograph by Nanae Suzuki 最終10区の大逆転で総合優勝した駒澤大学。駒大・石川拓真は区間賞の走りで、創価大・小野寺を抜き去った ©Yuki Suenaga 往路優勝を果たした創価大はゴール目前まで首位を独走していたが、駒大の劇的逆転により総合2位でゴールした ©Yuki Suenaga 優勝候補と目されていた明治大学は、シードを逃す総合11位に終わった ©Yuki Suenaga 復路優勝に沸く創価大チーム ©Nanae Suzuki

最終10区の大逆転で総合優勝した駒澤大学。駒大・石川拓真は区間賞の走りで、創価大・小野寺を抜き去った ©Yuki Suenaga

往路14位と大きく出遅れた明治大学。復路でも追い上げは厳しく、総合11位に終わった / photograph by Nanae Suzuki 最終10区の大逆転で総合優勝した駒澤大学。駒大・石川拓真は区間賞の走りで、創価大・小野寺を抜き去った ©Yuki Suenaga 往路優勝を果たした創価大はゴール目前まで首位を独走していたが、駒大の劇的逆転により総合2位でゴールした ©Yuki Suenaga 優勝候補と目されていた明治大学は、シードを逃す総合11位に終わった ©Yuki Suenaga 復路優勝に沸く創価大チーム ©Nanae Suzuki

ページトップ