記事に戻る

プロからアマ、そして再びプロへ。高山勝成の数奇なボクシング人生。

再びプロに転向し、次戦に向けてひたむきに練習を続ける37歳の高山。2005年にWBC世界ミニマム級王座を獲得し、世界王者の仲間入りを果たしている。 / photograph by Daiki Tanaka プロからアマ、そして再びプロへ。高山勝成の数奇なボクシング人生。(2) プロからアマ、そして再びプロへ。高山勝成の数奇なボクシング人生。(3)

再びプロに転向し、次戦に向けてひたむきに練習を続ける37歳の高山。2005年にWBC世界ミニマム級王座を獲得し、世界王者の仲間入りを果たしている。(photograph by Daiki Tanaka)

再びプロに転向し、次戦に向けてひたむきに練習を続ける37歳の高山。2005年にWBC世界ミニマム級王座を獲得し、世界王者の仲間入りを果たしている。 / photograph by Daiki Tanaka プロからアマ、そして再びプロへ。高山勝成の数奇なボクシング人生。(2) プロからアマ、そして再びプロへ。高山勝成の数奇なボクシング人生。(3)

ページトップ