記事に戻る

鈴木優磨、鹿島での17年間と別れ。手本の金崎夢生を「必ず超えます」。

ページトップ