記事に戻る

元コロンビア代表の日系人がいた!道工薫、90歳のサムライ蹴球人生。

現在のバランキージャ市の様子。南米の街らしく活気に溢れている商業都市である。

  • コロンビアのバランキージャ市で現在も仕事を続けている道工氏。その眼差しは「サムライ」の文化を思わせる精悍さを湛えていた。 / photograph by Toyoo Kitazawa
  • 現在のバランキージャ市の様子。南米の街らしく活気に溢れている商業都市である。
  • コロンビアの名門クラブ「サンタフェ」時代の道工。キャプションには「JOSE KAOR DOKU」との名前が読み取れる。

ページトップ