記事に戻る

雷と雹で足止めされ、残雪で滑落。PCT終盤で思い知らされた山の怖さ。

馬が来たら道を譲る、これがアメリカのトレイルでのルール。 

  • マウント・アダムズを眺めながら歩く井手くん。この直後から天候が崩れ始めた。 / photograph by Yusuke Ide
  • ついにカナダ国境と接するワシントン州に入った。 
  • 馬が来たら道を譲る、これがアメリカのトレイルでのルール。 
  • トレイルが濃い霧に包まれていく。 
  • 平地を見つけて無理やりテントを設営したが、水浸しになってしまう。 
  • 雲海が広がる。美しい景色ではあるけれど、雷が恐ろしい。 
  • テント内に水が流れ込んでくる。 
  • 36時間後の朝、「ベストではないがベターな天気」になり出発。 
  • 「ナイフリッジ」と呼ばれる稜線へ。 
  • 雷と雹で足止めされ、残雪で滑落。PCT終盤で思い知らされた山の怖さ。(10)

ページトップ