記事に戻る

<J開幕20年、名実況が紡いだ歴史> アナウンサー山本浩の回想 「日本サッカー、幼年期の終わり」

Jリーグ開幕戦 ヴェルディ川崎vs.横浜マリノス 「声は大地から沸き上がっています。新しい時代の到来を求める声です。すべての人を魅了する夢、Jリーグ。夢を紡ぐ男たちは揃いました。今、そこに、開幕の足音が聞こえます。1993年5月15日。ヴェルディ川崎 対 横浜マリノス。宿命の対決で幕は上がりました」 

  • Jリーグ開幕戦 ヴェルディ川崎vs.横浜マリノス】「声は大地から沸き上がっています。新しい時代の到来を求める声です。すべての人を魅了する夢、Jリーグ。夢を紡ぐ男たちは揃いました。今、そこに、開幕の足音が聞こえます。1993年5月15日。ヴェルディ川崎 対 横浜マリノス。宿命の対決で幕は上がりました」 / photograph by Naoya Sanuki
  • Jリーグ開幕戦 ヴェルディ川崎vs.横浜マリノス
「声は大地から沸き上がっています。新しい時代の到来を求める声です。すべての人を魅了する夢、Jリーグ。夢を紡ぐ男たちは揃いました。今、そこに、開幕の足音が聞こえます。1993年5月15日。ヴェルディ川崎 対 横浜マリノス。宿命の対決で幕は上がりました」 
  • 山本浩 Hiroshi Yamamoto
元NHKエグゼクティブアナウンサー。退局した後は法政大学スポーツ健康学部教授に就任。
「私の言葉が視聴者の皆さんに届いたとすれば、それはきっと誰もが空腹の時代だったからでしょうね。私も空腹でした。日本代表の勝利に飢えていましたから」
  • 1993.10.28 W杯アメリカ大会
アジア地区最終予選 日本vs.イラク
「ついにイラク同点に追いつきました。日本2対2とされました。さあ、日本、急ぎたい。日本急ぎたい。日本急ぎたい。アメリカへの道、重い扉ついに、引き分けというかたちで終わってしまいました、日本。食い下がりましたが、日本、食い下がりましたが、日本、結局、最後の最後、同点に追いつかれて2対2。ついにラモスも……(無言)」 
  • 1996.3.24 アトランタ五輪最終予選
日本vs.サウジアラビア
「今、鳴った! 笛、笛です。笛です! 実にサッカーを始めた子供が大人になって、また子供を産んで……28年と言うのは、それだけ長い年月でした。何か、あの……日本中のテレビを見て下さっている方々と、1人ずつ握手をして回りたい気分ですね」 
  • 1999.1.1 第78回天皇杯決勝戦
清水エスパルスvs.横浜フリューゲルス
「私達は忘れないでしょう。横浜フリューゲルスという、非常に強いチームがあったことを。東京国立競技場、空は今でもまだ、横浜フリューゲルスのブルーに染まっています」 

ページトップ