野球クロスロードBACK NUMBER

「飛ばない」「滑る」は言い逃れ?
統一球の導入で見抜かれる真の実力。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/03/11 10:30

「飛ばない」「滑る」は言い逃れ?統一球の導入で見抜かれる真の実力。<Number Web> photograph by KYODO

左が昨季まで使用されていた公式球。右が今季から統一して使用されることとなったミズノ社製の低反発球(とその断面)。見た目でも縫い目などがハッキリ違うのが分かる

「統一球を制する者はタイトルを制する」ということか。

「ボールが飛ばない」という先入観からか、無意識のうちに体に力が入り自分が理想とするフォームを見失ってしまう。その結果、極度の不振に陥ってしまう。長距離打者には不利とされている統一球ではあるが、「自分の形でしっかりとバットを振る」と常に意識し、オープン戦5試合で2本塁打(5日現在)とこれまで結果を残している日本ハムの中田翔のように、本来のフォームでバットを振ることができれば、いつも通りのパフォーマンスを見せることは十分に可能ということだ。

 これまでの報道を見ていると、「統一球=不利」という印象を抱いてしまうが、裏を返せば、投手、打者共に環境が変わってもしっかりとアジャストできるかを見極める絶好の機会でもある。

「統一球を制する者はタイトルを制する」とまでは言わないが、今後の日本球界のレベルアップを図る上で、大きな試金石となる1年であることは間違いないだろう。

関連記事

BACK 1 2 3

プロ野球の前後の記事

ページトップ