丸ちゃんのGreen TalkBACK NUMBER

ギャンブルの負け額は4年で51億以上!?

posted2022/06/07 07:00

 
ギャンブルの負け額は4年で51億以上!?<Number Web> photograph by KYODO

昨年の全米プロでメジャー最年長Vを飾ったミケルソン。今年の大会にその姿はなかった

text by

丸山茂樹

丸山茂樹Shigeki Maruyama

PROFILE

photograph by

KYODO

 今季メジャー第2戦の全米プロ選手権は、ジャスティン・トーマス(米国)の7打差大逆転優勝で幕を閉じました。僕はDAZNで解説者を務めていましたが、大会を見ながら拭い切れない寂しさを感じていました。ちょうど1年前、メジャー最年長優勝を飾ったフィル・ミケルソン(米国)の姿がなかったからです。4月のマスターズに続いてメジャーを欠場。怪我でもないのにどうしてしまったんでしょう。

 事の発端は、PGAツアーに対抗しようとするスーパーリーグ『リブゴルフ・インビテーショナルシリーズ』発足の動きにあります。新リーグはグレッグ・ノーマン(オーストラリア)を旗頭に、サウジアラビア系ファンドの莫大な支援を受けている。ミケルソンはいち早く接近すると同時に本拠のPGAツアーを厳しく批判し、強く改革を求めて対立を深めていました。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1096文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

フィル・ミケルソン

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ