SCORE CARDBACK NUMBER

「数えきれないほど」の実戦を糧に、日本拳法10冠王者が止まらない。

posted2022/03/10 07:00

 
「数えきれないほど」の実戦を糧に、日本拳法10冠王者が止まらない。<Number Web> photograph by SANKEI SHIMBUN

前田(左)は木村に勝利し、'19年4月のデビューから9連勝4KO無敗。当面の目標は日本かアジアのベルト奪取

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

SANKEI SHIMBUN

 キックボクシングや空手といった格闘技界からボクシングへの転向は昨今、珍しくなくなった。元K-1王者の武居由樹は大橋ジムからプロデビュー以来、3戦全てを初回TKO勝ち。また那須川天心のボクシング転向も時間の問題と聞く。

 空手やキックほど転向例は多くないが、昨年11月ニューヨークのIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦で勝ち、新王座についた尾川堅一は元明治大拳法部の主将だ。

 そして日本拳法出身でこれに続こうとするのが、関西のホープ、前田稔輝(じんき=25歳)である。大阪商業大卒業までに全国大会で10冠を成し遂げ、ボクシング転向後も順調に王座に近づいている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 617文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

前田稔輝
木村蓮太朗

ボクシングの前後の記事

ページトップ