Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[A級順位戦深夜の激闘]佐藤天彦×菅井竜也「人間だからこそ」

posted2022/01/22 07:03

 
[A級順位戦深夜の激闘]佐藤天彦×菅井竜也「人間だからこそ」<Number Web> photograph by Atsushi Kimura

左から菅井竜也、佐藤天彦

text by

大川慎太郎

大川慎太郎Shintaro Okawa

PROFILE

photograph by

Atsushi Kimura

自由を求める美学の男と、頑ななまでに己を貫き通す男。昨夏、棋界の最上位に位置する2人が残した棋譜にはAI全盛の時代にも変わることのない、棋士同士の戦いのみでしか生まれないものが確かにあった。

 晩夏の大阪は強い雨が降っていた。

 佐藤天彦は9時に遠征先のホテルで目を覚まし、身支度を整えてからタクシーで関西将棋会館に向かった。全身黒色のコーディネートで、フリルのついたシャツを着用。胸ポケットには白のハンカチーフを差した。

 菅井竜也は8時半に起きて9時にホテルを出た。コンビニエンスストアで飲料などを調達し、9時15分に徒歩で会館入りした。他の棋士よりかなり早いが、30分前には対局室で気息を整える。ブルーのスラックスに白の長袖のワイシャツという装い。2人ともノーネクタイで暑さをしのいでいた。

 歴代永世名人の掛け軸を背にした上座の佐藤が駒箱を開け、飴色の駒を盤上に散らした。2021年9月3日午前10時、関西将棋会館「御上段の間」。第80期A級順位戦3回戦の長い1日が始まろうとしていた。

 順位戦は名人戦につながる重要な棋戦だ。

 A級には頂点を極めた10人が集っており、9回戦で行われる。ここまで両者とも1勝1敗で迎えた一局だった。

「この勝敗で挑戦か残留か、リーグで当面目指すものが変わってきます。またA級の成績は普段の精神状態にも影響を与えます。降級の危機があると、思考の伸びやかさが失われてくる」と佐藤は言う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3445文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

佐藤天彦
菅井竜也

ゲームの前後の記事

ページトップ