村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『鬼滅の刃』垣間見える聖書との共通点、ヒットの理由は宗教観かも。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/11/17 07:00

『鬼滅の刃』垣間見える聖書との共通点、ヒットの理由は宗教観かも。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『鬼滅の刃』吾峠呼世晴著 集英社 全23巻

 今回も引き続き「鬼滅の刃」を語っていきたいと思います。

 これは僕の勝手な推察ですが、作者の吾峠呼世晴さんは「聖書」からインスピレーションを得ているんじゃないかなと感じました。

 旧約聖書の創世記にはこうあります。

「神はその光と闇とを分けられた」

「神は光を昼と名づけ、闇を夜と名づけられた」

 光は、はじまりの呼吸である継国縁壱の「日の呼吸」であり、闇は、縁壱の双子の兄で鬼になった黒死牟が使う「月の呼吸」にあたります。その後老人となった縁壱は黒死牟の前に現れ、「理さえ超越した存在であると見せつけた上」で寿命を迎えて息絶えます。黒死牟にとっては屈辱だったでしょう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 591文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

鬼滅の刃

他競技の前後の記事

ページトップ