SCORE CARDBACK NUMBER

パッキャオが大統領選に挑戦。現役時代からの大願成就なるか。

posted2021/11/01 07:00

 
パッキャオが大統領選に挑戦。現役時代からの大願成就なるか。<Number Web> photograph by AFLO

10月1日、来年5月投開票の大統領選への立候補を行ったパッキャオ。現在、ドゥテルテ大統領の長女が1番人気

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

AFLO

「ボクサーに政治家は向かない」

 定説というほどではないが筆者を含めてボクシングファンの多くはずっとそう信じてきたのではなかったか。自己演出に巧みなプロレスラーの方が断然向いている、と。

 もちろん、ここで語ろうとしているのはマニー・パッキャオのケースである。6階級の世界王座を制し、祖国フィリピンの大統領選に立候補したカリスマボクサーだ。

 ボクサーが政治家に向かないとみなされたのは、饒舌とは正反対の人たちが多かったからに違いない。「口ではなく、拳をして語らしめよ」という古くからの言い習わしもある。しかし近年は世界チャンピオン経験者が引退して政治家になる例も出てきた。坂田健史は稲城市議、清水智信も福井県議を立派に務めている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 611文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

マニー・パッキャオ

ボクシングの前後の記事

ページトップ