格闘技PRESSBACK NUMBER

「長瀬智也は人を殴れない」ドラマ『俺の家の話』の“名演技”を支える幼馴染のプロレスラーが明かす舞台裏

posted2021/03/05 11:01

 
「長瀬智也は人を殴れない」ドラマ『俺の家の話』の“名演技”を支える幼馴染のプロレスラーが明かす舞台裏<Number Web> photograph by TBS

ドラマ『俺の家の話』で主演・長瀬智也にプロレスの所作を指導するのは、小学校時代からよく知る間柄だというプロレスラー勝村周一朗だ

text by

高木圭介

高木圭介Keisuke Takagi

PROFILE

photograph by

TBS

 1月22日からTBS系にて放送中の宮藤官九郎脚本ドラマ『俺の家の話』(金曜夜10時~)が面白い。

 介護・能楽・プロレスと三題噺でもなかなか思いつかぬ3点が軸となり、主人公の視点から見た親の介護、40歳過ぎての人生の進路変更、離婚、息子が学習障害、遺産目当ての後妻業が疑われる若い女が登場……などなど、ネガティブで不穏な要素が満載でありつつ、しっかりとコメディで、毎回不思議なツボで感動させられてしまう。

 物語の説明は省かせていただくとして、劇中、主演の長瀬智也(以下、出演者の敬称略)演じる観山寿一こと、プロレスラーのブリザード寿(途中から覆面レスラーの「スーパー世阿弥マシン」へと変身)のアクションシーンがすこぶる評判が良い。

 あまりに違和感がないため、プロレスシーンは本職の吹き替えを使っていると思われていたが、これが「吹き替えなし」というから驚いた。人気タレントにケガでもあったら、あまりに痛手。リスクも大きいはずだが、長瀬本人の希望もあり、すべてのプロレスシーンを本人が演じているのだそうだ。

プロレスを指導する勝村周一朗って?

 第1話の劇中、寿一の回想シーンにて、幼少期の寿一をヒザに乗せつつプロレス中継(アントニオ猪木vs.ブルーザー・ブロディ)を眺める父・寿三郎(西田敏行)が口にする「プロレスっていいなぁ、寿一。反則しても、血が流れても、なんか節度があって、品があっていい」というセリフは、単なるスポーツでも格闘技でもなく、そして単なるショーでもない稀有なジャンル「プロレス」に対する最大限の賛辞にすら感じる。

 第1話の放送終了時点で、「長瀬智也は一体、誰にプロレス(の動作)を教わったのか?」と話題になる。

 その師匠とは劇中、長瀬本人との試合シーンもあった覆面レスラー「スーパー多摩自マン」こと勝村周一朗だ。

 高い実績を誇る総合格闘家のイメージが強い勝村だが、複数の格闘技ジムを主宰しつつ、2013年からはプロレスラーとしても活動開始。現在はDDT系列の「ガンバレ☆プロレス」の所属選手としても活躍中だ。

 13年に旗揚げされたガンバレ☆プロレス、通称・ガンプロは数多き国内プロレス団体の中でも「インディ系」と称される団体。勝村が40歳を過ぎた後に、あえてこの団体に所属している理由は「最初はフリーで参戦していたんですけど、何か落ち着くんですよね。ガツガツしていないし。変に強制されることもなく、ここなら自分のやりたいプロレスができる」といったものだった。

【次ページ】 長瀬智也とは小学校からの付き合い

1 2 3 4 5 NEXT
俺の家の話
長瀬智也
勝村周一朗
ガンバレ☆プロレス
宮藤官九郎
長州力
武藤敬司
棚橋弘至

プロレスの前後の記事

ページトップ