プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人歴代最高1066勝 原辰徳が明かす、川上哲治と共有する「宮本武蔵『空』の思想」

posted2020/09/09 21:15

 
巨人歴代最高1066勝 原辰徳が明かす、川上哲治と共有する「宮本武蔵『空』の思想」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

巨人軍の指揮官として川上哲治氏に並ぶ歴代最高の1066勝を挙げた原辰徳監督。これからどれほど記録を更新するだろうか。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

9月9日、読売ジャイアンツが中日ドラゴンズに勝利し、原辰徳監督が監督通算1066勝目を挙げました。V9時代にチームを率いた川上哲治氏に並び、球団史上1位の記録となります。これを記念し、原監督に自らの根本にある指揮官としての哲学、思想について語ってもらいました。 

 東京ドームの一塁側ベンチ裏。選手サロンとロッカールームの間の通路を抜けると、コーチ陣のロッカーのさらに奥に巨人軍監督室がある。

 扉を開いて部屋に入る。

 正面に原辰徳監督のデスクがあり、そのデスクに向かって右側の壁には歴代監督の色紙が飾られている。

 1936年のプロ野球創設時に初優勝を飾った藤本定義監督から高橋由伸前監督まで。色紙には監督の直筆サインと、それぞれが心に焼き付けていた言葉が記されている。

 その中の1枚、第9代監督で不滅のV9を達成した川上哲治さんの色紙の言葉は「不動心」だった。

 何事にも動じない、どんな局面になっても不変の心のあり方を表すこの言葉は、川上さんが現役時代から勝負に向き合う気構えとして好んで使っていた。

原点には川上さんの思想があった

 そして実は原監督にとっても思い入れのある言葉だった。

「2002年に最初に監督になったとき、チームスローガンとして『不動心』を使わせて頂きました」

 監督・原辰徳のスタート、原点には川上さんの思想があったのである。

「川上さんといえば私たちの世代にとっては、背番号16の打撃の神様というより、V9を成し遂げた背番号77の名将、監督というイメージの方が強いですね。私にとってもベンチに座ってじっとグラウンドに目を凝らし、指揮を執っている姿の方が強く印象に残っています」

 原監督にとっては入団時の監督で恩師でもある藤田元司さんの、その師匠に当たる人物が川上さんという関係になる。川上さんにとっては、原監督はいわば孫弟子のような存在だった訳だ。

【次ページ】「川上さんの教え方はちょっと変わっていましたね」

1 2 3 4 NEXT

プロ野球の前後のコラム

ページトップ