Number NewsBACK NUMBER

興梠慎三、浦和通算100得点は貴重な決勝弾!
得意中の得意のベガルタ戦で節目の一撃。 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2020/07/08 20:00

興梠慎三、浦和通算100得点は貴重な決勝弾!得意中の得意のベガルタ戦で節目の一撃。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

浦和通算100得点を決めた興梠慎三。

<J1第3節>
仙台 1ー2 浦和
【得点】
浦和:レオナルド(45+1分)
仙台:山田(49分)、興梠(83分)

 浦和レッズの興梠慎三が、浦和加入後通算100ゴール目を決めた。

 1-1で迎えた68分に途中出場した興梠が仕事をしたのは83分、関根貴大、レオナルドとつないだボールが興梠に渡ると鮮やかなターンで背負った相手マーカーをかわしてゴール右隅を揺らし、これが決勝点となった。

 「NumberWeb」に掲載された「興梠慎三の“お得意様”が特異な件。仙台相手に仙台相手に20戦18発。では天敵は?」という記事に掲載された通り、興梠はベガルタ戦を非常に得意としており、その相手から節目のゴールを叩き込んだ。
 

関連コラム

浦和レッズ
興梠慎三

ページトップ