SCORE CARDBACK NUMBER

ネット配信や屋外開催も。
模索すべき興行の“カタチ”。
~新しい格闘技の見せ方を~

posted2020/06/06 08:30

 
ネット配信や屋外開催も。模索すべき興行の“カタチ”。~新しい格闘技の見せ方を~<Number Web> photograph by AFLO

5月9日にフロリダ州で開催された『UFC249』は無観客興行に。PPV購入件数は通常を上回る70万件以上だった。

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

AFLO

「観客数は制限されるし、外国人選手もすぐ呼べそうもない。これからは、大きな団体ほど大変になってくるかもしれません」

 緊急事態宣言明けの展望を聞くと、RIZINの笹原圭一広報事業部長はため息をついた。

「これまでのスタイルではなく、別の興行スタイルを模索しないといけないかも」

 新型コロナウイルスの感染拡大によって格闘技界は3月以降、大半の興行は延期や中止に追い込まれた。その後日本政府は、緊急事態措置を延長していた5都道県の解除を5月25日に発表。それに伴い、6月19日から無観客での実施は可能になった。7月10日以降は観客ありで行えるようになるが、笹原部長が嘆くように、その数は上限を5000人とする収容人員の50%以下に限定されている。8月に入ったら上限の設定は撤廃される予定だが、50%以下という指標は変わらない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 542文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

現役Jリーガー100人が選んだ史上最強チームを語れ。

関連記事

格闘技の前後の記事

ページトップ