新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『空の声』
身命を賭して声を届けた職人、
和田信賢の生き様に漂う狂気。 

text by

宇垣美里

宇垣美里Misato Ugaki

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/06/02 07:30

『空の声』身命を賭して声を届けた職人、和田信賢の生き様に漂う狂気。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『空の声』堂場瞬一著 文藝春秋 1700円+税

 アナウンサーという仕事はいずれ滅びる、と面と向かって言われたことがある。テレビ局にAIアナウンサーが入社し、タレントがニュースを読む時代。もう専門職としてのアナウンサーなどいらぬ、と言われても仕方がないのかもしれない。けれど、アナウンサーにも一部門だけ、どうしたって取って代われない職人のような仕事がある。それが、スポーツ実況だ。自ら「瞬間芸術」と表現した名実況で戦後のスポーツ中継を盛り上げた和田信賢の生き様に、競技によってはたった数分間の試合に向けて、昼間は取材に行き、帰ってくれば何百、何千もの過去の試合や歴史を見直して、遅くまで机に向かっている先輩たちの姿を思い出した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 717文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

不屈の蹄音。日本ダービーの新常識

Sports Graphic Number 1003

不屈の蹄音。
日本ダービーの新常識

 

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ