ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

DeNA楠本泰史「まずは打たないと」。
背番号“7”が似合う選手になれるか。 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/05/24 09:00

DeNA楠本泰史「まずは打たないと」。背番号“7”が似合う選手になれるか。<Number Web> photograph by Kyodo News

楠本は平成7年7月7日生まれで背番号「37」。プロ初本塁打は代打逆転満塁弾だった。

熾烈な外野争い「まず打たないと」

 DeNAの外野陣は群雄割拠だ。キャプテンに就任した佐野を筆頭に新外国人のタイラー・オースティン、梶谷隆幸、神里和毅、桑原将志、乙坂智ら能力の高い選手たちと競わねばならない。

「まずは打たないと使ってもらえませんし、そこが自分のセールスポイントだと思っています。全員に勝ちたいですね」

 楠本はそう語り、力強くうなずいた。オフには腹圧や臀部まわりを強化するなど課題に取り組んだ。無駄な動きをそぎ落とし、四肢末端に至るまで自由自在に動かすことが狙いだ。果たしてシーズンに入ったとき、課題のマインドセットも含めどんな成果を見せてくれるか今から楽しみである。

いつか「7」が見合う選手に。

 最後にひとつ。時期尚早かもしれないが、気になっていることを訊いてみた。それは昨年まで石川雄洋が付け、現在空きとなっている背番号「7」についてだ。楠本は平成7年7月7日生まれ。現在の背番号「37」も語呂が合っている。

「そうですね、『7』は好きですし自分に縁のある数字だと思っています。外野からタケさん(石川)の背中を見ていて格好いいなと思っていましたし、入団当初からいつかあの番号を付けたいなって。空き番号になったということで、その思いはより強くなりましたし、早く見合う選手にならなければいけない。付けてもいいよと言っていただけるように」

 結果にこだわることなく野球を楽しみ、成果をあげる。矛盾をはらんだ難しい状況においていかにプレーしていくのか。楠本のレギュラー獲得を目指す戦いがいよいよ始まる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
横浜DeNAベイスターズ
楠本泰史
伊藤光
石川雄洋
東北福祉大学
大塚光二

プロ野球の前後の記事

ページトップ