Beyond The GameBACK NUMBER

見えない敵と戦うために。
~プロ野球とJリーグの異例の協力~

posted2020/03/16 07:30

 
見えない敵と戦うために。~プロ野球とJリーグの異例の協力~<Number Web> photograph by Wataru Sato

3月2日、“共同戦線”を張ることを発表した斉藤惇コミッショナー(左)と村井満チェアマン。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Wataru Sato

 見えない恐怖。その見えないはずの白血球の“姿”を初めて見たのは、古典SF映画の傑作「ミクロの決死圏」だった。

 重要な機密情報を持つ東側の亡命科学者が襲撃され、そこで負った手術不可能な脳内出血を治療するために、制限時間1時間だけミクロ化された主人公チームが特殊潜航艇で体内に入っていく。子供心にドキドキの連続だったが、何より一番怖かったのは、クライマックスで治療に成功した主人公たちを異物として駆除しようと白血球が襲いかかってくる場面である。

 そのとき初めて見たのが白い泡状の白血球だった。映画では裏切り者の敵方スパイが白血球の餌食となって、主人公たちは涙と共に目から脱出成功というハッピーエンド。しかし映画館を出てからしばらく、泡のような白血球の姿が瞼から消えなかった。普段は目に見えないものを見たからこそ、子供心に恐怖が倍増したわけである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 943文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

プロ野球の前後のコラム

ページトップ