大相撲PRESSBACK NUMBER

大相撲春場所、無観客開催の影響は。
注目の炎鵬、大栄翔らの声を伝える。

posted2020/03/03 20:00

 
大相撲春場所、無観客開催の影響は。注目の炎鵬、大栄翔らの声を伝える。<Number Web> photograph by Kyodo News

2月9日時点では開催されていた第44回日本大相撲トーナメントの3回戦で、白鵬を破っていた炎鵬。

text by

飯塚さき

飯塚さきSaki Iizuka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 新型コロナウイルスの影響により、3月8日に初日を迎える大相撲春場所は、無観客での開催が決定した。

 もし、場所中に1人でも感染者が出た場合は、その時点で中止。この異例の決断の背景には、やはり「お客さんに迷惑をかけられない」というのが、最大の理由として挙げられた。

 力士たちは毎朝体温を測り、37.5度以上であれば休場。

 さらに、力水では実際に口をつけず、形だけ行うことになるという。

 また、公共交通機関の利用を避け、専用のバスを使って移動することも検討されているそうだ。

 場所中、会場に入れるのは、力士や親方などの協会員と報道陣のみ。しかも、取材は2階席からに限り、土俵下での撮影や支度部屋での取材は禁止などと、報道陣には接触を避けるためのさまざまな規制がかけられる。

前売り券10億円だけでなく……。

 もちろん、前例のない対応になるため、協会は現在も多くの課題を抱えている。

 完売している前売り券の払い戻し方法や、すでに発注しているであろう飲食物や土産物への対応など、挙げ始めるときりがないほど、決めなければならないことが山積しているはずである。

 15日間の前売り券の代金は10億円にものぼると報道にあるが、それはあくまで席料のみの金額。飲食代や土産代も考えれば、損失はさらに大きくなる。

 協会やお茶屋といった関係者の苦労を思うと、頭が下がるばかりだ。

【次ページ】 無観客とはいえファンにとっては喜ばしいことでは。

1 2 NEXT
炎鵬
大栄翔

相撲の前後のコラム

ページトップ