SCORE CARDBACK NUMBER

早くも3度優勝の青山&柴原ペア。
五輪メダルを狙う二人だけの強み。
~テニス界に現れた期待のコンビ~

posted2020/03/05 15:00

 
早くも3度優勝の青山&柴原ペア。五輪メダルを狙う二人だけの強み。~テニス界に現れた期待のコンビ~<Number Web> photograph by Getty Images

2月のサンクトペテルブルク大会で優勝した柴原(左)と青山。その前週にはフェド杯予選で貴重な1勝を記録。

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ダブルスで'13年ウィンブルドン4強の青山修子とプロ2年目の新鋭柴原瑛菜が、ロシアの大会でペアとして3度目の優勝を果たした。昨年10月以降、二人で7大会に出て3大会に優勝と勢いに乗っている。

 ペアの強みを青山はこう語る。「コミュニケーションをとり、二人でダブルスができているときは強い」。もちろん二人でやるからダブルスなのだが、連係の難しさがあるため、1+1の簡単な算数が成り立たない。だが青山は、柴原となら互いの能力を引き出せると見ている。柴原が後ろで打ち合い、青山がボレーを決めるのが得点パターン。身長170cmの柴原が力強いボールで相手を押し込むから、155cmの青山は俊敏かつ大胆に動ける。青山の決定力を信じてチャンスを作る柴原は「後ろで頑張って、前よりいいボールが出せるようになった」と自身の成長も感じている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 561文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

女子ゴルフ 黄金の挑戦

Sports Graphic Number 998

女子ゴルフ 黄金の挑戦

 

関連記事

青山修子
柴原瑛菜
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

テニスの前後の記事

ページトップ