酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

筒香嘉智&秋山翔吾のMLB移籍と、
菊池涼介の残留で浮かぶ3つの数値。 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2020/01/09 11:40

筒香嘉智&秋山翔吾のMLB移籍と、菊池涼介の残留で浮かぶ3つの数値。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

メジャー移籍はかなわなかったのは残念だが、菊池涼介の守備が2020年も日本で見られる楽しみがあるとも言える。

米挑戦を目指す西川遥輝の数字は。

 最後に少し気が早いが、2021年に向けてポスティングでのMLB移籍に挑戦することを表明した日本ハム、西川遥輝のこれらの数字も出しておこう。これも過去5年の実績から。

西川遥輝
(1)IsoP .109(長打率.400 打率.291)
(2)IsoD .096(出塁率.387 打率.291)
(3)年齢 28歳(2021年開幕時点)

 来年の時点でも西川はまだ20代だし、.100近いIsoDは魅力だ。さらに高い盗塁成功率(.866)も売りにはなるだろう。ただし本塁打のキャリアハイがわずか10本という長打の少なさが大きなネックになるだろう。2020年の西川はホームランを打てることを証明する必要がある。

 いずれにせよ、NPBからMLBへの「人材流出」は、新しいフェーズに入ろうとしている。これまでは「憧れの先輩選手の背中を追いかけて」海を渡ったが、今の選手は現実的なステップアップの選択肢としてMLBを志向するようになっている。

 トップクラスの選手が「MLB移籍」を視野に入れるようになれば――自ずとNPBの野球も変化せざるを得ないのではないか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
筒香嘉智
秋山翔吾
菊池涼介
西川遥輝

プロ野球の前後の記事

ページトップ