酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

筒香嘉智&秋山翔吾のMLB移籍と、
菊池涼介の残留で浮かぶ3つの数値。 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2020/01/09 11:40

筒香嘉智&秋山翔吾のMLB移籍と、菊池涼介の残留で浮かぶ3つの数値。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

メジャー移籍はかなわなかったのは残念だが、菊池涼介の守備が2020年も日本で見られる楽しみがあるとも言える。

四死球による出塁率を比較すると。

<(2)IsoD(四死球による出塁率)>

 当コラムで何度か触れているが、MLBではセイバーメトリクス研究家のボロス・マクラッケンが「本塁打を除く安打は打者の実力とは関係のない“運の産物”」と唱え、この説が野球ファンに多く知られるようになって以来、安打と打率の評価が低下している。

 それ以上に、自らの選球眼で塁を得ることのできる四球のほうが、選手の能力を表しているとされるようになった。

 ただし従来の「出塁率」には、安打による出塁=打率が含まれている。そこで四死球だけの出塁率IsoD(Isolated Discipline)が考案された。これも「出塁率-打率」という単純な計算式だ。以下、3人のIsoDの比較である。

筒香嘉智 .103(出塁率.401 打率.298)
秋山翔吾 .078(出塁率.399 打率.321)
菊池涼介 .048(出塁率.315 打率.267)
MLB平均  .071(出塁率.323 打率.252)

 この数値が.100を超えると選球眼が素晴らしい打者ということになる。選球眼はNPBの選手がMLBに移籍しても大きく変わらないと考えられているので、IsoP以上にIsoDは重要視される。それを踏まえると筒香のこの数字は立派だ。

 ちなみに2019年のマイク・トラウトのIsoDは.147(出塁率.438 打率.291)だった。大谷翔平は.057(出塁率.343 打率.286)。大谷はこの数値では飛びぬけているとは言えない。

積極打法はMLBだと評価されない?

 筒香と秋山の出塁率はどちらも4割前後だが、秋山のIsoDは、MLBの平均よりも少し上という程度だ。そして菊池の数字は、やはり見劣りしてしまう。

 2019年のNPB全体での数値は.073(出塁率.325 打率.252)。MLBとほとんど変わらないが、NPBでは四球を選ばず早いカウントから打っていく打者を「積極打法」と評価する見方がある。菊池はそういうタイプの打者だが、MLBではあまり評価されない。

【次ページ】 “投資対象”としての年齢を見る。

BACK 1 2 3 4 NEXT
筒香嘉智
秋山翔吾
菊池涼介
西川遥輝

プロ野球の前後の記事

ページトップ