SCORE CARDBACK NUMBER

令和元年は「終わりの始まり」?
角界で世代交代は進むのか。

posted2019/12/24 15:00

 
令和元年は「終わりの始まり」?角界で世代交代は進むのか。<Number Web> photograph by KYODO

55勝をあげて小結以下の力士として史上初の年間最多勝に輝いた朝乃山。その事実が横綱、大関陣の不調を物語る。

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

KYODO

 令和元年の本場所日程を、去る11月の九州場所で終えた大相撲界。館内を見つめ、1年納めの場所を振り返りながら、ポツリとつぶやくベテラン親方がいた。

「まさに“終わりの始まり”だと思うよ」

 満員御礼の垂れ幕は下がるものの、実のところ空席がチラホラと目につく館内。九州場所だけは本州での大相撲熱が伝わり切らないのか、例年、客足が鈍いものなのだが……。親方に「終わりの始まり」という言葉の真意を問うてみた。

「今場所は横綱の鶴竜、大関の豪栄道と高安、栃ノ心やらの上位陣が休場し、都合9人もの休場者が出たよね。故障だらけの“看板力士”たちが不甲斐なく、白鵬に43回目の優勝を許した。お客様に申し訳ないくらいの納めの場所だったじゃないか」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 552文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

箱根駅伝 最強の襷

Sports Graphic Number 992

箱根駅伝 最強の襷

 

関連記事

朝乃山

相撲の前後の記事

ページトップ