SCORE CARDBACK NUMBER

札幌の将来を背負う進藤亮佑。
“忘れられないPK”はバネになる。

posted2019/11/17 19:00

 
札幌の将来を背負う進藤亮佑。“忘れられないPK”はバネになる。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

10月26日に行われたルヴァンカップ決勝でPKを失敗し、肩を落とす進藤。決勝初進出での戴冠とはならなかった。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

「成功したPKは忘れられるが、失敗したPKは永遠に忘れることができない」

 言葉の主はアズーリの英雄ロベルト・バッジョ。1994年のアメリカワールドカップ決勝、イタリア対ブラジルは史上初めてPK戦に持ち込まれた。5人目で登場したバッジョが枠を大きく外した瞬間、ブラジルの優勝が決まったのだった。

 先日のYBCルヴァンカップ決勝。北海道コンサドーレ札幌は川崎フロンターレに終盤、追いつき追い越し、逆に追いつかれてPK戦に突入した。外したらジ・エンドとなる6人目で登場したのが、23歳の進藤亮佑であった。

 ボールをセットして後ろに下がったところでレフェリーが合図の笛を吹くのが一般的だが、彼は笛が吹かれてから下がり始めていた。強烈なプレッシャーがのし掛かっていることは十分すぎるほど伝わってきた。フェイントを入れてゴール左を狙ったものの、読まれて相手GKの新井章太にキャッチされた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 479文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

北海道コンサドーレ札幌
進藤亮佑

Jリーグの前後のコラム

ページトップ