SCORE CARDBACK NUMBER

バターのように滑らかだった。
“無冠の帝王”ナポレスの死を悼む。
~国を捨てた名ボクサーの人生~

posted2019/09/27 07:00

 
バターのように滑らかだった。“無冠の帝王”ナポレスの死を悼む。~国を捨てた名ボクサーの人生~<Number Web> photograph by AFLO

プロで88戦して81勝54KO7敗。'69年10月、ナポレス(右)はエミール・グリフィスに勝利し、2度目の防衛を果たす。

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

AFLO

 三迫仁志、勝又行雄と昭和の名選手が相次いで逝った今夏、メキシコから届いた訃報には感慨深いものがあった。ウェルター級で2度世界王座につき「パウンド・フォー・パウンド最強」と呼ばれたホセ“モンテキーヤ”ナポレスが8月16日、病気のため79歳で旅立った。

 強打と技巧を駆使した万能型ボクサーはあまりに強すぎてチャンピオンたちから対戦を忌避され、長らく「無冠の帝王」と呼ばれた。世界王者が100人近くいる今では死語に近いが、当時「無冠の帝王」として世界中からリスペクトされたのがナポレスだった。

 キューバ出身。'59年のカストロ政権樹立後プロボクシングが禁止されたため、多くのボクサーが祖国を捨てた。ナポレスもその1人で、妻子を祖国に残しメキシコを拠点に現役生活を続けた。プロ11年目の'69年、初挑戦でカーチス・コークスを攻略し王座に就いたのはピークを過ぎた29歳。'74年に2階級上のミドル級王者カルロス・モンソンに挑んで敗れたが、全盛期なら別の結果もあり得たろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 462文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ホセ・ナポレス

ボクシングの前後のコラム

ページトップ