SCORE CARDBACK NUMBER

世界に羽ばたいた18歳。
久保建英は想像を超える。
~終盤に強いのは、才能の証左~

posted2019/07/17 15:00

 
世界に羽ばたいた18歳。久保建英は想像を超える。~終盤に強いのは、才能の証左~<Number Web> photograph by Getty Images

プロとして所属した2チームの対戦後に行なわれた壮行セレモニーで、久保はFC東京イレブンから胴上げされた。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 久保建英は想像を超えてくる。先のコパ・アメリカ。18歳になったばかりとあって本気の南米勢を相手に90分間フルに稼働するのはキツいと勝手に見越していた。

 蓋を開けてみれば先発したグループリーグ初戦チリ戦、第3戦のエクアドル戦は最後まで戦い抜いている。森保一監督が攻撃における彼のアイデアを手放すことはなかった。

 終盤に入ってから疲れるどころか輝きを増した。決勝トーナメント進出が懸かるエクアドル戦がそうだった。後半34分、ゴール前に出ていく上田綺世に対する絶妙な浮き球パスはGKにキャッチされたものの、同45分には相手を引きつけたうえで前田大然に対して決定的なスルーパスを送っている。終了間際には右足で自ら押し込んだが、オフサイドと判定された。隙をずっと狙い続けていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 537文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

久保建英

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ