SCORE CARDBACK NUMBER

京口紘人と拳四朗、関西の
2人が勢力図を塗り替える?
~先輩後輩からライバルへ、対戦は実現するか~

posted2019/03/14 15:00

 
京口紘人と拳四朗、関西の2人が勢力図を塗り替える?~先輩後輩からライバルへ、対戦は実現するか~<Number Web> photograph by KYODO

それぞれWBA、WBCのライトフライ級王者である京口(左)と拳四朗(右)。昨年12月に公開スパーで対戦した。

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

KYODO

 去る2月26日、今年国内初となる世界タイトル戦(後楽園ホール)で、谷口将隆がWBOミニマム級王者ビック・サルダール(比国)の巧技にしてやられ判定負け。拳四朗、京口紘人に続くアマチュア関西学生リーグ出身の3人目の現役世界チャンピオン誕生はならなかった。

 拳四朗は関西大、京口は大阪商大、そして谷口は龍谷大と、3人は関西リーグ1部校でそれぞれ主将を務め、互いに鎬を削る仲だった。関東と比べると関西リーグの実力的評価はやや低いが、加盟する大学数が少ないのだからそれも仕方ない。いや、にも拘わらず拳四朗と京口の2人もプロの世界王者が出たこと自体が極めて異例のことなのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 622文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

イチローを見よ。

Sports Graphic Number 974

イチローを見よ。

 

関連記事

京口紘人
拳四朗
谷口将隆

ボクシングの前後の記事

ページトップ