Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<対戦国研究>
川口能活「サウジアラビアが最も恐れた男の勝負論」 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2017/08/31 16:30

<対戦国研究>川口能活「サウジアラビアが最も恐れた男の勝負論」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto
考えたくはない。でも、考えなければならない。オーストラリア戦で勝てなかった場合のことを。かつてサウジと数々の激闘を演じてきた守護神に問う。最終決戦で勝つための心構えとは?

 実は国内屈指のサウジアラビア通である。

 2000年以降の日本代表は、サウジと7度激突している。そのうち5試合でゴールマウスに立ったのが川口能活なのだ。フィールドプレーヤーを含めても最多出場であり、ユース年代からサウジと対戦してきたのだから、歴代3位の国際Aマッチ出場を重ねたGKの肌触りは確かなものがある。

「1992年のアジアユースで、僕らは準決勝で韓国に1-2で負けたんです。サウジはその韓国にグループリーグで4-0、決勝でも2-0で勝ちました。どちらの試合も完璧と言っていい試合内容で、個のスキルはアジアで飛び抜けていました。実際に対戦したのは'96年のアトランタ五輪最終予選の準決勝が初めてで、このチームも攻守ともにスキがなかった。ただ、当時のアジアでは彼らのほうが力は上だったからか、変わったことはしないで正々堂々と戦ってくるイメージがあった。スカウティングと違うことはしてこないので、戦術的にハメやすかったというのはあります」

 アトランタ五輪最終予選の準決勝は2-1で勝利し、28年ぶりとなる世界への扉を開いた。フル代表での対戦でも、その後は日本が白星を先行させていく。川口が出場した5試合の成績は3勝2敗と拮抗しているものの、メンタルの力関係ははっきりと入れ替わっていった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3165文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表 運命の一戦。

Sports Graphic Number 934・935

日本代表 運命の一戦。

 

川口能活
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ