Number Do SpecialBACK NUMBER

<日本登山界のご意見番登場!>新百名山の選者・岩崎元郎が選ぶ「岩登り気分が味わえる5つの山」 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2012/06/28 06:00

<日本登山界のご意見番登場!>新百名山の選者・岩崎元郎が選ぶ「岩登り気分が味わえる5つの山」<Number Web> photograph by Asami Enomoto
 今から17年前、中高年を中心に起こった百名山ブーム。
 火付け役の岩崎元郎さんがその中から初心者におすすめの5山を厳選してお届けする。

【新百名山とは?】岩崎さん自身が登った山を中心に、「中高年が登りやすい山」という視点で選定した日本全国の100山。このなかには深田久弥が選定した「日本百名山」も52山含まれている。

   ◇

 深田久弥の『日本百名山』を登るというテーマのもと'95~'99年にNHK教育テレビで放送された『中高年のための登山学』は、シニア層を中心に第2次登山ブームを巻き起こした。同番組で講師を務め“中高年の山のカリスマ”と呼ばれた岩崎元郎さんは、登山歴約50年の大ベテラン。本人も『ぼくの新日本百名山』という本を出版し、日本全国の山を独自の視点で紹介している。

 しかし正直、初心者からすれば100もある山の中からどれに登っていいものか皆目見当がつかない。そこで岩崎さんにベテランならではの山を楽しむ極意と一緒に、無理を承知で「自分の好きな山を5つ挙げるならば?」と訊いてみた。


 登山ブームが起こって百名山を登る中高年の方がずいぶん増えたけど、ほとんどの山はね、さほど難しくはないんです。山歩きの基本知識や、きちんと自分の体力を把握して山を選べば大丈夫。けど、あちこちの山で遭難者が後を絶たないのが現状ですよね。それはツアー登山みたいなもので旅行会社やガイドにすべてを任せてしまったり、無謀な行動が原因だったりするんだけど、知り合いからは「山をそういう遊び場にしちゃった張本人は岩崎さんだよ。テレビで楽しそうにやっているから大勢の人がいくようになっちゃったんだ」って言われちゃってね(苦笑)。だから僕は今、“登山ガイド”ではなく、それぞれが自己責任で山を楽しめる術を伝えるために“登山インストラクター”をやっているんです。

こちらは雑誌『Number Do』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1857文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

岩崎元郎

他競技の前後のコラム

ページトップ