スポーツ仕事人BACK NUMBER

ウィリー宮原(コーディネーター)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byphotographs by Shinya Kizaki

posted2014/03/01 08:00

ウィリー宮原(コーディネーター)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Shinya Kizaki

ウィリー宮原さん。

 時に通訳、時に記者。本田のミラン移籍に報道合戦が熱を帯びる中、取材のプロフェッショナルを発見!

 メディアとしてはビッグクラブの選手のインタビューを取りたい。だが一方、クラブの広報は殺到する申請から選手を守らなければならない。その双方の事情を鑑み、インタビューを実現させるのが、現地コーディネーターの仕事だ。


 トリノ出身のウィリー宮原(父親が日本人、母親がイタリア人)がこの仕事を始めたのは、1998年夏、中田英寿のペルージャ入団がきっかけだった。

「元々僕は車のデザイン関係の通訳をトリノでやっていたんですよ。ただ、土日は空いているので、『じゃあサッカーの仕事もしたら?』と。そうしたらいつの間にか、サッカーがメインになっていたんです(笑)」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1354文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<フットボールに未来はあるか>レジェンド11人の欧州蹴球論。

海外サッカーの前後の記事

ページトップ