SCORE CARDBACK NUMBER

杉田がついに連敗を脱出。頑固な
苦労人の心の中は?~9大会連続の
初戦敗退を終わらせたプライドと言葉~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/02 15:00

杉田がついに連敗を脱出。頑固な苦労人の心の中は?~9大会連続の初戦敗退を終わらせたプライドと言葉~<Number Web> photograph by Getty Images

クレーでは参戦した全6大会で初戦敗退と苦しんだが、芝の初戦で連敗ストップ。世界7 位のティームも倒した。

 杉田祐一が長いトンネルを抜けた。全仏まで9大会連続初戦で敗退していたが、得意の芝コートシーズンが到来、スヘルトヘンボス(オランダ)で10大会ぶりに初戦を突破すると、次のハレ(ドイツ)ではベスト8入りの健闘。2回戦では世界7位で全仏準優勝のドミニク・ティームに快勝した。

 今年の全豪で当時9位のジャック・ソックを破ったのに続き、トップ10選手からの勝利は2つ目で、最も上位の選手からの白星となった。3月から連敗街道を歩いてきたが、この番狂わせで上昇気流に乗るだろう。


 トンネルを抜けた、と自分で書きながら、実は少し居心地の悪さを覚えている。なかなか、この選手の心の中は見通せないからだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

杉田祐一

テニスの前後のコラム

ページトップ