SCORE CARDBACK NUMBER

ショットクロックに16シード。四大大会は改革でどうなる?~賞金欲しさに途中棄権、ではテニスの魅力が削がれる~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/12/13 07:00

ショットクロックに16シード。四大大会は改革でどうなる?~賞金欲しさに途中棄権、ではテニスの魅力が削がれる~<Number Web> photograph by Getty Images

21歳以下版のファイナルズでは、ヘッドセットを使った試合中のコーチング(写真はシャポバロフ)等もテスト。

 四大大会の主催者によるグランドスラム評議会が11月に、2018年以降のルール変更を発表した。無気力試合防止や試合時間短縮への施策を含む、興味深い内容だ。

 1回戦を途中棄権、または「プロの基準に達しないプレー」をした選手は、場合によって賞金を没収される。今年のウィンブルドンでは男子で7人が1回戦を途中棄権した。体調が万全でないのに賞金ほしさに出場、早々に途中棄権する例もあり、選手や関係者の間で“賞金だけもらいに来た”と不満がくすぶっていたが、それを受けての新ルールだ。事前に棄権を申し出た選手は賞金の半額を受け取り、ラッキールーザーに残りが与えられる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 647文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

銀盤の決闘。~BATTLE FOR PYEONGCHANG 2018~
グランドスラム
ショットクロック

テニスの前後の記事

ページトップ