SCORE CARDBACK NUMBER

メジャードラフト会議が終了。注目の“二刀流”はレッズへ。~競技とビジネスをいいとこどりするスターシステムを~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/07/05 16:30

メジャードラフト会議が終了。注目の“二刀流”はレッズへ。~競技とビジネスをいいとこどりするスターシステムを~<Number Web> photograph by Getty Images

打っては約140mの本塁打を放つ。スポーツ・イラストレイテッドでは「新時代のベーブ・ルース」と紹介された。

 メジャーの2017年新人ドラフト会議が6月14日、終了した。公式戦の真っ只中でありながら、3日間にわたって開催され、全30球団が40巡目(補足指名権を含む)まで、計1215人を指名した。

 最も注目を集めていたハンター・グリーンは、レッズが1巡目、全体2位で指名した。グリーンは、最速102マイル(約164km)の快速球を持つ右腕投手としてだけでなく、攻守に秀逸な遊撃手としても評価される才能の持ち主。日本ハム大谷翔平並みに「二刀流」が可能な選手として、ドラフト前から雑誌「スポーツ・イラストレイテッド」の表紙を飾るなど、その名前は全米中に知られていた。しかも、'06年にメジャー機構が野球人口拡大のために創設した「MLBアーバン・ユース・アカデミー」(カリフォルニア州コンプトン)の出身。機構側にとって、地道な青少年育成プログラムの存在意義を示すうえでも、絶好のモデルケースとして脚光を浴びた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 510文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

清原和博「告白」

Sports Graphic Number 930

清原和博「告白」

 

ハンター・グリーン

MLBの前後の記事

ページトップ