SCORE CARDBACK NUMBER

稀勢の里の才能を見抜いた、元力士・永源遙との思い出。~三沢光晴のファイトに目をキラキラさせていた頃~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/06/12 07:00

稀勢の里の才能を見抜いた、元力士・永源遙との思い出。~三沢光晴のファイトに目をキラキラさせていた頃~<Number Web> photograph by AFLO

つば攻撃などで人気を誇った昭和の名脇役レスラー・永源。大相撲観戦のために、たびたび国技館に足を運んだ。

 大相撲夏場所の土俵にハラハラドキドキ。手負いの横綱、稀勢の里の強行出場に胸騒ぎの日々だった。

 筆者は叔父が福島県相馬市で草相撲の横綱だったこともあって、若いころは本気で大相撲の担当記者になりたかった。それが19年ぶりの日本出身横綱の誕生で、また相撲にのめり込んでしまった。

「モンちゃん、この子覚えておいてよ。強くなるよ!」

 昨年11月に亡くなったプロレスリング・ノアの永源遙さん(享年70)から、17歳の萩原寛少年を紹介してもらったのは、たしか13年前のことだ。

 '04年の春、東京・日本武道館大会だった。1階のスタンド席にマゲ姿の幕下力士がちょこんと座っていた。童顔のクリクリ目で、リング上の三沢光晴(故人)や秋山準のファイトを懸命に追っていた。取材現場に付き添う妻は、ペコリと頭を下げる萩原少年に「目がキラキラしてたわ。きっと伸びるわね」とひと目惚れだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 447文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

サッカー日本代表 35人の物語。

Sports Graphic Number 928

サッカー日本代表 35人の物語。

 

稀勢の里
永源遙

プロレスの前後の記事

ページトップ