SCORE CARDBACK NUMBER

処分を骨抜きにするな。王者マリーの痛烈な批判。~シャラポワをゲストに呼べば観客は増えるが……~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/03/24 08:00

処分を骨抜きにするな。王者マリーの痛烈な批判。~シャラポワをゲストに呼べば観客は増えるが……~<Number Web> photograph by Getty Images

処分中はチャリティや練習、広告活動等に勤しんだ。復帰はいきなりのプレミア大会から。

 ドーピング違反で1年3カ月の資格停止処分を受けたマリア・シャラポワが、4月下旬のシュツットガルト大会で復帰する予定だ。1年以上、公式戦に出ていないためランキングは消滅しており、大会主催者はワイルドカード(WC)、すなわち主催者推薦枠で出場させるという。その後、マドリードオープン、イタリア国際の主催者も同選手にWCを与える意思を示した。

 これに異議を唱えたのが、男子の世界ランキング1位、アンディ・マリーだ。英国の新聞に「自分の力で復帰すべきだと思う」と話したという。

 スター選手を出場させたいのはどの大会も同じだろう。処分が解除された選手へのWC付与はルール上、問題ない。シャラポワはグレードの高い3大会で順調に勝ち星を増やし、ランキングを急上昇させて、たちまち女子テニスの第一線に復帰するかもしれない。その後も、WCを提供する大会が続く可能性がある。しかし、スポーツ界を揺るがす違反行為で処分を受けたのに、こんなに簡単に元のポジションに戻ってこられるものなのか。確かに違和感がぬぐえない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 452文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

怪物たちのセンバツ。

Sports Graphic Number 923

怪物たちのセンバツ。

 

マリア・シャラポワ
アンディ・マリー

テニスの前後の記事

ページトップ