SCORE CARDBACK NUMBER

躍進続く日本バドミントン、
男子ダブルスでも快進撃。
~園田&嘉村組が世界準優勝で、頂点に王手~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/01/10 09:00

躍進続く日本バドミントン、男子ダブルスでも快進撃。~園田&嘉村組が世界準優勝で、頂点に王手~<Number Web> photograph by KYODO

園田(左)&嘉村組は準決勝では1次リーグ初戦で敗れたデンマーク組を下し、決勝に進出。

 日本バドミントン界の躍進が続いている。各種目の年間上位8人または8組が出場するスーパーシリーズ(SS)ファイナル男子ダブルスで、園田啓悟&嘉村(かむら)健士組(トナミ運輸)が準優勝に輝いた。決勝でリオ五輪銀メダルのゴー・シェム&タン・ウィーキョン組(マレーシア)に14-21、19-21で敗れ、この種目の日本勢初優勝を逃したが、世界の頂点まであと一歩だった。

「最後はパワーやレシーブ力で相手と少し差を感じ、悔しさはあったが、決勝進出には達成感もあった」(園田)、「優勝したかったが、女子だけじゃないことを見せることができたのは良かった」(嘉村)と、笑顔を見せた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 635文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

平昌へ。FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

Sports Graphic Number 2017/1/14特別増刊

平昌へ。
FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

 

園田啓悟
嘉村健士

他競技の前後の記事

ページトップ