SCORE CARDBACK NUMBER

キックの復活を予感させるKNOCK OUTの
初興行。~6試合中5試合がKO決着、
「倒す」という価値の復権~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2016/12/22 09:00

キックの復活を予感させるKNOCK OUTの初興行。~6試合中5試合がKO決着、「倒す」という価値の復権~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

1R2分23秒でのKO勝利を果たした那須川は弱冠18歳。さらなる成長に期待がかかる。

 しばらく余韻に浸りたい。

 12月5日、東京・TDCホールで旗揚げした「KNOCK OUT vol.0」は素直にそう思わせてくれるキックボクシングイベントだった。全6試合中5試合がKO決着という試合結果だけからも、その興奮は容易に想像してもらえると思う。特筆すべきは全て実力が拮抗したマッチメークを組んだがゆえに生まれたKO劇だったということだ。

 その中からベストバウトを選ぶならば、セミファイナルに組まれた那須川天心vs.ワンチャローンで決まりだろう。那須川はプロデビュー以来、16戦全勝(12KO)と無敗記録を更新中の現役高校生。今回国内では初のヒジあり・首相撲無制限のキックボクシングルールに挑んだ。ヒジなし・首相撲制限ありのいわゆるK-1系のルールとは相手との距離や試合の組み立て方が全然違ってくる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 577文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

夢の有馬記念Dream Race 1990-2016

Sports Graphic Number 917・918

夢の有馬記念
Dream Race 1990-2016

 

那須川天心
ワンチャローン

格闘技の前後の記事

ページトップ