SCORE CARDBACK NUMBER

若き2人のMVPは、「新時代」の顔になれるか。~A・ロッドやジーターの後を継ぐスターに~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byphotographs by Yukihito Taguchi

posted2016/12/06 09:00

若き2人のMVPは、「新時代」の顔になれるか。~A・ロッドやジーターの後を継ぐスターに~<Number Web> photograph by photographs by Yukihito Taguchi

MVPは30人の記者投票で決まる。開幕時に24歳以下の選手が同時に受賞するのは史上初。

 時代の趨勢を印象付けるような、2人の受賞だった。2016年のMVP(最優秀選手)が発表され、ア・リーグがマイク・トラウト(25歳=エンゼルス)、ナ・リーグはクリス・ブライアント(24歳=カブス)が選出された。トラウトは'14年以来2年ぶり2回目、昨季新人王のブライアントはメジャー2年目という異例のスピード受賞となった。

 今やMVP選考の常連となったトラウトは、地区4位に低迷したチームをよそに、今季も傑出した成績を残した。打率3割1分5厘、29本塁打、100打点、30盗塁と、あと1本塁打で「トリプルスリー」という活躍だった。しかも、メジャー最多の116四球を選び、最高出塁率となる4割4分1厘の数字を残したことが高く評価された。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 606文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ジェイミー・ジャパン誇り高き出航。
マイク・トラウト
ロサンゼルス・エンゼルス
クリス・ブライアント
シカゴ・カブス

MLBの前後の記事

ページトップ