SCORE CARDBACK NUMBER

メジャー制覇の難しさ。松山には期待と配慮を。~丸山茂樹が「優勝を」と言えない理由~ 

photograph byGetty Images

posted2016/05/21 08:00

メジャー制覇の難しさ。松山には期待と配慮を。~丸山茂樹が「優勝を」と言えない理由~<Number Web> photograph by Getty Images

マスターズで最終日まで優勝争いを演じた松山は、通算イーブンパーの7位タイで終えた。

 先月のマスターズでは松山英樹が優勝争いを演じた。優勝候補に挙げられた中で堂々たる戦いぶりを見せてくれた。自分の経験から言うと、オーガスタは初日、2日と大会が進むごとにどんどんグリーンが速くなっていく。高低差も相まって、最後はどこも下っているように錯覚し、上りのパットが打てなくなる。自己嫌悪に陥るような感覚になってしまう。ジョーダン・スピース(アメリカ)のようにラインを読めたり、打てたりする選手は数少ないと感じる。

 ただ、そんなスピースでさえ、連覇を期待されて、重圧を受けているのが感じられた。本人と話したわけではないから真相はわからないが、初日からあれほどショットやパットの際に仕切り直しをするというのは、普段とは、かなり違う部分があったのだろうと想像する。最終日に崩れてしまったことからも、メジャーを制覇することの難しさがわかると思う。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

丸山茂樹
松山英樹
ジョーダン・スピース

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ