SCORE CARDBACK NUMBER

日本人初の9秒台へ、桐生祥秀が見せた充実。~向かい風でタイムは出なかったが、9秒台ランナーを抑えて1位~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/04/21 08:00

日本人初の9秒台へ、桐生祥秀が見せた充実。~向かい風でタイムは出なかったが、9秒台ランナーを抑えて1位~<Number Web> photograph by KYODO

前組までは2m近い追い風が吹いていたが、桐生の組では急転して、向かい風になる不運。

 笑顔が好調ぶりを示していた。陸上男子短距離の桐生祥秀(東洋大)が、3月14日から約3週間の米国遠征を敢行。数々の収穫があったと笑顔を見せ、日本人初の100m9秒台へ、大いなる手応えをにじませた。

 まずは3月18日にオレゴン州で行なわれた世界室内選手権。男子60m予選で自己ベストと並ぶ6秒59を出すと、準決勝では6秒56の自己ベストをマーク。朝原宣治の持つ6秒55の日本室内記録には0秒01及ばなかったが「冬の練習が間違っていなかった」と確信を手にした。

 続いて向かったテキサス州にある名門ベイラー大では、昨年の世界選手権銅メダリストであり、自身と同じ'95年生まれのトレイボン・ブロメル(米国)らとトレーニングをし、刺激を受けた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 580文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊900号特別編集>羽生世代、最強の証明。
桐生祥秀

陸上の前後の記事

ページトップ